2007年07月02日

傷害評価のGrade

傷害を評価した後、医師の診断とも照らし合わせて、その傷害の重症度を考えます。
これは3段階のGrade(等級)に分かれていて、リハビリテーションの期間などを考えるときの参考にしたりします。

GradeT(軽度の傷害)

靭帯や筋などが一時的にストレスを受けていますが、特に大きな損傷はない状態です。
たとえば足関節捻挫では、靭帯などに損傷はなくても固有受容器などに機能の異常がみられる、といった感じです。

GradeU(中程度の傷害)

靭帯や筋などは部分的に断裂している状態です。剥離骨折などを伴う場合もあります。
傷害の種類にもよりますが、医師や本人との相談により、このグレードまでは保存療法をとる場合が多いです。

GradeV(重度の傷害)

靭帯・筋は完全断裂しており、骨折は開放性などかなり重度の損傷がある状態です。
傷害の種類によっては、手術の適応となる場合が多くあります。


これはあくまでも評価の目安です。
「GradeTとUの中間ぐらい」などという表現を使う場合もありますし、何よりも医師の診断が絶対です。
現場での応急処置やアスレティックリハビリテーションの目安として考えておいてください。

posted by TAKAYA at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | AT's Room | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トレーナーという職業

トレーナーという職業があります。

発祥はスポーツサポートの先進国であるアメリカと言われています。

最初は文字通り「トレーニングをさせる人」でしたが、現在はストレングスコーチ・フィジカルコーチ・心理カウンセラー・栄養士・マッサー(マッサージ師)・チームドクター・アスレティックトレーナー・・・etcといった風に、スポーツ現場での仕事を細分化して担当し、それぞれの領域でプロフェッショナルとして高い意識を持って仕事をしています。

アメリカではこれが学生スポーツの領域でもいまや常識です。

日本の現状

一方、日本の現状はどうでしょうか?

多くの専門家を抱えることができない事から、アスレティックトレーナーの仕事は多岐に渡ります。

本来の業務である選手の競技復帰までのリハビリテーション・テーピング・応急処置に加えて、栄養指導・トレーニング発案・トレーニング指導・メンタルカウンセリング・コンディショニング・セラピー的業務・・・etc。

つまり、トレーナー一人でサポート役を何役もこなす必要があるわけです。

当然、アメリカと日本ではスポーツの土壌・規模・予算・人員育成の体制などが違いますので、これはいたしかたないことといえます。しかし、トレーナーという職業に対する見方はどうでしょうか?

残念ながら、マネージャーの延長線上の雑用係や、ボランティアとしてしか見られないという現状があります。つまり職業としての認知がまだまだ浸透していないのです。

でも私たちは、トレーナーという職業に、もっともっとさまざまな可能性があると信じています。

そこで「ABYSS ATHLETIC solutions」という組織を立ち上げました。

what_is_aas.gif

ABYSS ATHLETIC solutionsとは

ABYSS ATHLETIC solutions(以下AAS)には以下の3つの使命があります。

1. トレーナーの可能性を開拓します

アスレティックトレーナーの可能性を考え、職業的認知を高めていきます。

それに伴い活動の場を広げ、トレーナーを目指す人たちの手助けをしたい、と考えています。

2. 正しい情報をわかりやすく発信します

今、健康志向になってきた世の中には、健康・運動・栄養に関するさまざまな情報が溢れています。

しかし、本当に正しい情報や、きちんとした検証がなされている情報は少ないのではないでしょうか?

AASでは本物の、現場で役立つ情報だけを厳選して、ブログや勉強会で提供します。

3. 充実したトレーナーとしてのサポート

トレーナーの活動対象は、トップアスリートだけではありません。

学生スポーツ・スポーツ愛好家の方・ダイエットしたい方、また今までトレーナーがいた経験がない部活動やマイナースポーツなど、むしろそういった方たちに喜んでいただいてこそ、トレーナーの職業的認知度が高まるのではないでしょうか。

AASは、「運動」を行うあらゆる方を対象にトレーナー派遣やメールカウンセリングなどのサポートを行います。

AASは、アスレティックトレーナーに関わるすべての人がハッピーになれるよう頑張ります!

アスレティックトレーナーになろう!

「アスレティックトレーナーになろう!」(以下「アスなろ!」)は、AASの情報発信基地として作られました。

このブログ「アスなろ!」は以下のような方々を対象に、情報を発信していきます。

  • 運動愛好家、ダイエットしたい方
  • スポーツでケガをしてしまって困っている方
  • アスリート(スポーツ選手)
  • アスレティックトレーナーを目指す方

「アスなろ!」には現在、次の7つのカテゴリがあります。

その情報の種類によってカテゴリに分類されています。

AT's Room

ここでは、アスレティックトレーナーを目指す方のために、AASのメンバーがトレーナーとして経験してきたことや、知識・技術・Tipsを解説していきます。

トレーニング

このカテゴリでは、アスリート(スポーツ選手)のための競技力向上トレーニングや、スポーツでケガをしてしまった時の、競技に復帰するためのリハビリトレーニングについて書いていきます。

ダイエット

ここでは、文字通りダイエットしたい方のための情報を発信していきます。

一般の方向けということで出来るだけわかりやすくするつもりですが、わからない事があったりしたらお気軽にコメント&メールをいただければ、対応いたします。

また、栄養に関する情報が多くなると思いますので、トレーナーを目指している方にも役に立つ情報があるかもしれません。

写真で解るエクササイズ

ダイエットやリハビリのためのエクササイズを写真を使って解りやすく紹介します。

AT用語集

他のカテゴリでわかりにくい専門用語などを使ってしまったときや、ご指摘をいただいたときにこちらで解説していこうと考えています。

セミナーのご案内

ABYSS ATHLETIC solutionsが開催する勉強会・セミナーのご案内です。

ブログ管理人室

ブログのメンテナンス情報や、読んでいただきたい記事を掲載するカテゴリです。

日誌

AASのメンバーが日々過ごしていく中で気がついたことや、雑談・本編とは関係ないことを掲載するためのカテゴリです。日記風ですが、何か役に立つ情報があるかもしれません。

メンバーの紹介

prof_takaya.jpg
Takaya
アスレティックトレーナー
takaya01203.png
資格
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
活動歴
  • 大学男子ラクロス部ヘッドトレーナー
  • トレーナー養成専門学校非常勤講師
  • 横浜Fマリノス・ジュニアユーストレーナー (インターンシップ)
  • 中学校バドミントン部フィジカルコーチ (インターンシップ)
  • 専門学校テニスインストラクター科専属トレーナー
ひとこと

自分自身もダイエット成功の経験があるので、トレーニングやダイエットに関するエクササイズ、栄養指導は得意です! アスレティックトレーナーとして、多くの人がハッピーになれるように日々努力しています。

モットーは「楽しくシリアスに生きる」。

トレーナー依頼など、お気軽にメールくださいね!


prof_hikari.jpg
hikari
ウェブ系エンジニア
ひとこと

当サイトの作成、運用を担当しています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。